ポイント・カードと顧客管理/ExcelとWebシステム開発のプレシャスリンク Welcome to our Home

Excel/Wordとデーターベース連係ツール
ポイント・カードと顧客管理CRM
エージェントレス・サーバ監視ソフトウェア

株式会社プレシャス・リンク  

| TOP | site policy |企業情報 |

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

RFM分析,デシル分析,ABC分析等顧客分析管理機能・ポイントカード機能搭載WindowsPOSソフトウェア
利益を25%UPする顧客を囲い込みPOSレジソフト
SaLeiOLogo.PNGの概要



Saleio!バナー825150.png
顧客を囲い込む顧客分析管理システム・ポイント発行管理機能搭載WindowsPOSシステムソフトウェア「SaLeiO!」はRFM分析,デシル分析,ABC分析,商圏分析を駆使して科学的に顧客との関係を維持向上し25%の収益向上を実現します!日本初CRM/POSシステムソフトウェアです。

Salio48.png
RFM分析

RFM分析とはRecency=直近購買、Frequency=購買頻度、Monetary=期間累積購買額の頭文字で解るとおり、下の例の様にデシル分析に用いた「Monetary」に加えて「Recency」、「Frequency」の3次元で一般的には5段階にセグメント分けを行いますのでより複雑では有りますがセグメントの精度がより高まります。R、F、M全ての項目で最も高いスコアを持つグループに属するお客様は年間に21回以上も来店し延べ100万円以上の購入実績があり、最近も1カ月以内に来店している、逃しては成らない非常に価値の高い顧客層で、逆に3つとも数値が最も低いグループのお客様は来店実績は1度だけで1年以上もご来店実績がなく購入額も非常に低いお客様となり販売促進活動を行っても殆ど見込みがないと判断することが可能です。グループ分けの根拠は貴社の商品、サービスの種類、平均客単価等によって適切に設定する必要があります。

Salio48.png
デシル分析

デシル分析とは、一般的には全てのお客様の一定期間における購買実績から購入金額の高い順に10のセグメントに分け、その構成比を算出する分析方法です。2:8の法則にあるように売上比率は上位に集中する傾向を含め、顧客の全体概況を把握する事が出来ます。対売上貢献度の高い優良なお客様層を把握することが可能です。サンプルのデータでは上位2セグメントまでのお客様数は全体の20%ですが、売上高の76.34%を占めていることが判ります。また上位3セグメントのすなわち全体の30%のお客様に今後も継続的にご購入頂けるようにするべきではないでしょうか?そうすれば87.13%もの売り上げを確保できる可能性が極めて高いわけですから。この様にデシル分析は最も簡便な分析方法の一つと言えますが兼欠点もあります。それはセグメント分けの条件に累積売上高しか使っていないので、セグメント分の精度が必ずしも高いとは言えない事です

弊社ソフトウェア製品情報

Excelio2010iconNew.pngMicrosoftEXCELとSQLServer ORACLE MySQL等のデータベース連係ツール「簡単3STEPでEXCELデータベースアプリケーションを作成」「Excelio!」

MoNiCa.png大切なサーバーを今日から統合監視エージェントレス・サーバー監視ツール「MoNiCa!」

め橙48.pngメールマガジン、ダイレクトメール、会報等同報メールのメール送付先をExcelで簡単出来てボタンひとつでそのまま配信

「め~る一括送信@EXCEL」

P!48.png携帯対応・ポイントカード・メンバーシップ・ギフトカード・ハウス電子マネー発行管理「POiNTiO!」

顧客G48.png徹底顧客主義・科学する顧客動向分析管理システム
「顧客の気持」

Salio48.png顧客動向分析管理機能・ポイント発行管理機能搭載・WindowsPOSシステム「SaLeiO!」